ベトジェットエアの手荷物のサイズと預け荷物の予約方法!

ベトナム

はじめてのベトナム旅行。インターネットを利用して予約した格安航空券が、ベトジェットエアという航空会社でした。

べとじぇっと…? はて?

調べてもビキニのニュースしか出てこーへん…

どーやって乗るの?手荷物は?追加料金は?

わからないことばかりだったのでたくさん調べました。けれど、どうやって調べたらよいのかわからず、情報が正しいのかもわからず、とても大変で時間がかかったことを覚えています。

そんな経験をふまえて、ベトジェットに乗るときの注意点をわかりやすくまとめられたらよいなーと思いつつこの記事を書いています。

わからないことはサクッと調べて、のこりの時間はグルメ情報や観光情報をしらべるなど、楽しいことに使っちゃいましょう。では、はじめです。

※2019年8月1日現在の情報です。

ベトナムへの直行便ならベトジェットエア

ベトナムへの直行便を就航しているLCCは、現在はベトジェットエアのみです。(※2019年7月時点)
なので、夏休みなどを利用して格安航空券で旅行に行かれる場合は、ベトジェットエアか他の航空会社の乗継便を利用します。

直行便の出発地は成田か関空、到着地はハノイかホーチミンです。

料金比較サイトや公式ホームページに必要事項を入力すれば、空席確認ができます。

Vietjet Air | Bay là thích ngay! | Website chính thức
Bay cùng Vietjet với hàng ngàn ưu đãi hấp dẫn, giá vé ưu đãi

ベトジェットエアの手荷物と身の回り品について解説します

機内に持ち込む荷物は手荷物、カウンターで預ける荷物は預け荷物といいます。
そして、手荷物以外で機内に持ち込むハンドバッグなどの小型の荷物の事を身の回り品といいます。

ベトジェットエアでは、預け荷物は有料、手荷物と身の回り品は無料で機内に持ち込むことができます。

ただし、手荷物と身の回り品にはサイズ制限があるので注意してください。

以下公式HPより
お一人様(子供を除く)が機内に持ち込むことができるお手荷物は、身の回りの品1個のほか、手荷物1個とし、また、両者の合計重量が07kgを越えないものとします。手荷物のサイズは次のとおりに決定されます。手荷物1個の最大サイズは56cm x 36cm x 23cmとなっております
2/身の回りの品1個は(いずれかの者を含まれます)。 + ハンドバッグ1個又は本、新聞、カメラ、子供のフード用袋、免税品用袋等。サイズ制限は、30cm x 20cm x 10cmです。
+ コート収納袋1個。収納袋を開いた最大サイズは 114cm x 60cm x 11cmを越えないものとします。
+ PCバッグ1個。最大サイズは40cm x 30cm x 10cmです。

要約すると、

手荷物のサイズは56×36×23cmまで、
ほかに機内に持ち込んでいい身の回り品は1つだけで、
サイズは30×20×10cmまで。
コート収納袋とPCバッグはちょっと大きくても許す。
空港内で買ったお土産も身の回り品のひとつとして数えるよ。
2つの荷物の合計が7㎏を超えたらだめ。

と書いてあります。
身の回り品のサイズの30×20×10㎝は思ったよりも小さいサイズです。ハンドバッグなどを持っていく場合は手持ちのものが範囲内かどうかサイズ確認が必要です。
(そこまで厳しく検査されないと思いますが念のため。)

メインのバッグのサイズも決まっているので、手持ちのもので間に合うかどうか確認してください。キャリーバッグの場合は、コロコロの部分も含んだサイズを測ることをお忘れなく。

そして最後に、バッグの合計の重さを測ってみてください!

7㎏-〈2つのバッグの重さの合計〉= 持っていける荷物の重さ です!!

この時点で式の答えがマイナスになってしまった人は(いないと思いますけど)カバンを新調することも考えてみてください。

おすすめリュックについての記事はこちら。安いし、すぐ注文すれば旅行に間に合います。

安くて軽くて折りたためちゃう!LCC機内持ち込み可の神リュック
旅行のメインバッグはあるもので大丈夫?はじめての長期の旅行、行き先はベトナムのハノイ。準備でまずはじめにしたことは、リュックを買うことでした。リュックは買った方がいいの?手持ちのものでも大丈夫?私がリュックを新調した理由は、&#x2...

預け荷物の料金は?予約できる?

預け荷物は有料です。

事前予約した場合の国際線の預け荷物の料金は、

15㎏1100円 20㎏1400円 25㎏1600円 30㎏2100円 35㎏5000円 40㎏5800円

です。(円換算しています)

当日予約の場合はこれより割高になりますのでご注意ください。

チェックインのときに重量オーバーで高いお金を払うよりは、前もって予約しておくほうが安心だと思います。そうならないためにも、余裕のあるパッキングが一番大事ですが!

【ベトナム旅行】バッグと持ち物えらびのコツ。
はじめてベトナムに行く、はじめて海外旅行にいく、旅ははじめてではないけど忘れ物が心配… でも大丈夫。バッグ選びのコツや荷づくりの方法について、イラスト入りでていねいに解説しています。

ベトジェットエアのHPからチケットを予約する場合は、オプションを選択する画面がでるのでそのときに追加できます。(あとから変更できます。)

〈手順〉トップ画面から日時と発着地入力→必要事項入力→フライト選択→座席選択→オプション選択から受託手荷物選択


正規代理店から予約する場合もオプション選択は可能ですが、その他のサイトから予約する場合は有料のオプションは選べません。

あとから付け加えたり取り消したりすることもできません! ※電話で問い合わせたり、現地にいる場合は現地のカウンターで変更手続きができたりと例外はありますが、ここでは省略します。英語かベトナム語でのやりとりです。

エクスペディアなど、サイトによっては受託手荷物サービスが料金に含まれているチケットもあります。

これからチケットを購入する方は、

・ベトジェットエア公式HPを開く→ネット予約
・ベトジェットエア公式HPを開く→トップページの日本総代理店へ電話して予約
>・航空券予約サイトからネット予約
・旅行会社で予約

このどれかになると思うので、メリットデメリットを比較して選んでくださいね。すでに予約済みの方も、オプションについては再確認をおすすめします。

私はエクスペディアで予約して、30㎏の預け荷物オプションがついていることを知らずに旅行しちゃいましたよ~

安く旅行するために航空券もホテル予約も自分でがんばったけど、困ったときに誰も教えてくれなーい!
自分で、情報を、獲りにいかなあかんです!!

さいごに注意点です!

国内線&国際線 搭乗のときの注意点は?

じっさいにベトジェットエアに乗ってみてわかった注意点についてです。

チェックインできなければ終わりだ…

帰りの飛行機は、ハノイのノイバイ空港発の深夜便でした。

この深夜便ね、まぁまず日本人は乗っていませんでした。お客は9割がたベトナム人のお兄さんです。
家族に見送られて、日本に出稼ぎにいくんだな~と感慨深く…なっている暇はないです。

めっちゃ人多いから!!

ごったがえしております。当然建物の中も人だらけ。

で、みんななんか大らかやから、ロビーの真ん中とかに座っちゃってる。カートもイスにしちゃって家族だんらんだ。自由。

そんな中をくぐり抜けてチェックインカウンターに向かうわけですが、はい、長蛇の列です。

並び方もなんか自由で、本流のほかに支流があって、とちゅうで本流に合流してくるかんじのわけわからなさと、それを誰も管理しないゆるさがあって、ナチュラルな横入りはまじで横行しています。

結局チェックインを終えるまでに一時間ほどかかったので、空港には早めについておいた方がいいです。締め切りは50分前なので、無慈悲に打ち切られることもあるかもしれません…

バスに乗れなければ終わりだ…

これはハノイのノイバイ空港の国内線の場合なのですが、搭乗口から飛行機の入り口まではバスで向かいます。このバスに乗り遅れたらアウトです!!

搭乗のときによくあるのは、搭乗橋(ボーディングブリッジ)を渡ってそのまま機内へ入るパターンですよね。これだと、時間ギリギリの場合で駆け込みセーフ!もあるかもしれません。が!バスに乗り遅れた時点で置いてけぼり確定になるので、搭乗が始まったらすみやかにバスに乗るようにしたほうがいいです。

機内の荷物入れは使えないことがあります…

これもハノイからダナン行きの国内線での話です。預け荷物は予約しなかったので、35リットルのリュックサックを機内に持ち込みました。

国内線もやっぱりベトナム人だらけで、こちらはなぜだかベトナム人のおばちゃんが多いです。
おばちゃんたちはアグレッシブに人込みをかきわけて進んでいきます(指定席やのに…)
わたしは列の後尾にならんで機内に入りました。そして席の頭上の荷物入れにリュックを入れようとしたのですが… ない! 荷物入れがぱんぱんや!!

頭上には、これでもかというくらいに生のフルーツが詰まっていたのです…おばちゃんたちの仕業ッ

CAさんにジェスチャーでそのことを伝えると「オッケー」的な返事とともに

果実はかき分けられ、リュックが押し込まれ、フタは何度かぐいぐいしたあとに閉められました。
真夏の…果実…よ…

ではでは、(荷物と心の)準備をととのえて、いってらっしゃい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました