スマホのキーボードが小さくなった!?⇒対処法2つ

雑記

前回の記事では、Amazonで1万円以下で買える格安スマホについてレビューしました。

【UMIDIGI A3 pro】デメリット5つ
1万円以下のスマホだしデメリットはある。許せるか、許せないか。

その中では紹介しなかったのですが、Amazonなどのレビューを見ていると「キーボードの入力が最悪」というレビューが何件か出てきます。

たしかに、このスマホに機種変したとたん、メールやLINEの文字入力でミスが増えました…( 一一) 思った通りに文字を打てず、誤字脱字だらけ。ミスに気づいては数文字消去して、また打って間違えて…

めんどくさいんじゃー!!

しばらくイライラしていたのですが、対処法を見つけたので紹介しますね。

✔ スマホのキーボードが使いづらい
✔ 格安スマホにしたら入力ミスが増えた
こんなあなたは読んでみてください。でははじめです。
 

なぜ入力しづらいのか?

以前のスマホXpeeria Z3 と 新しいスマホ UMIDIGI A3pro の入力画面を比較してみます。

 

スマホの大きさはほぼ同じなのに、となりに並べると画面サイズはかなり違うことがわかります。

ここで注目したいのが、キーボードの位置です。キーボードの大きさは同じなのですが、位置が若干下に下がったことがわかると思います。

おそらくこれが原因で、操作に支障がでていたのだと思います。

 

画面が大きい→キーボードの位置が下に下がる→タップしづらくなる のではないかと思います。

ではなぜタップしづらいのかなのですが、

✔ 操作する親指からキーボードまでの距離が遠くなった
✔ 慣れていない

このあたりが影響しているのだと思います。

なので、キーボードの場所とサイズを調整する方法を試します。

Gboard(ジーボード)を調整します。

このキーボードのことをGboardというらしいです。

Gboardの右はしにあるのマークをクリックします。

 

フローティング」というボタンが出てくるのでタップします。

すると

 

なんということでしょう!!

 

 

キーボードがぽよ~んと上に浮きました。

親指が届きづらくて困っていた人は、この時点でだいぶ楽になると思います♪

キーボードの中央下(丸印のところ)を押しながら動かすと、キーボードの位置を移動させることができます。

その次に、キーボードの角(カッコ印のところ)を押しながら指をスライドさせると、キーボードの大きさを変えることができます。

これで好みの位置とサイズに調整してみてください。

キーボードを一番下にスライドさせると、キーボードは自動的にもとの位置にもどります。

 

フローティング機能の欠点と、もうひとつの方法

Gboardのフローティング機能を使う方法には欠点があります。

それは、キーボードの下に情報がかくれてしまうことです。ふつうのキーボードでは、情報の下にキーボードが配置されますが、フローティング機能をつかうと、知りたい情報の上にキーボードが乗っかってしまうことがあります。

めんどうなのですが、キーボードの位置をうごかしたり、いったんもとの位置に戻したりして対応します。

 

手間もかかるので、もう一つの方法も試します。

 

キーボードの左下の文字入力切替ボタンを長押しします。

指を離すと、設定画面に切り替わるので、そこから設定をタップします。

その中に「キーボードの高さ」という項目があるのでタップして選び、「高い」に設定してみてください。

キーボードが大きくなりました。5㎜程度の差ですが、もしかしたらこれで改善するかもしれません。

新しいスマホが使いづらいと感じる場合は、この2つの方法をためしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました