格安SIMをとことん比較した結果、わたしがb-mobileに決めた理由。

節約ネタ

家計の見直しをするとき、はじめに目をつけるべきは「固定費」の削減ですよね。固定費は毎月決まって支払っている出費なので、これを減らせると毎月の支出を減らすことができ、節約効果が高いです。そしてその中でも、もっとも手をつけやすいものが「通信費」ではないでしょうか?

わたしはUQモバイル歴3年目なのですが、さらなる固定費削減のために別の格安simに乗り換えることにしました。

乗り換えまでのあらすじはこちらに書きましたのでよろしければどうぞ♪

新しい格安simの条件は、

✔ 電話番号を変えずに乗り換え
✔ かけ放題あり
✔ データは3GBくらい
✔ 予算2000円
に設定。この条件で調べた結果、わたしに合いそうなプランを8つにまでしぼることができました。ここまでがけっこう大変でした”(-“”-)”

そしてこの中からb-mobile(bモバイル)の990ジャストフィットSIMにすることに。

数ある格安simのなかからこの990ジャストフィットSIMを選んだ理由は4つの点で他社よりもいいなぁと思ったからです。

その4つとは?

◆ 5ヶ月目からは解約違約金がかからない
◆ データ通信は使った分だけ
◆ 料金が明確
◆ 3年運用時の料金が調べたなかで一番安い
逆に言うと、契約して3年間は解約手数料がかかるケース、データを使い切った場合通信制限がかかってしまい遅すぎて使い物にならなくなるケース、料金が不明瞭でわかりにくいケースなど、同じ格安simでもいろいろあるんですよね…
つぎは、この4つの項目について少し具体的に説明しますね。必要ない方は読みとばしてOKです!

b‐mobileの良いところ

5ヶ月目からは解約違約金がかからない

新しく格安simを契約するときには、最低利用期間と違約金の額をチェックするようにしましょう。

大手キャリアや格安simの会社(MVNO)のプランによって、最低利用期間というものが決められていることがあります。よく「〇年縛り」という言い方をするアレです。たとえば最低利用期間が2年の契約で2年以内に解約や乗り換えをした場合には、あらかじめ決められている額の違約金を払うことになります。

bモバイルの990ジャストフィットSIMは、この最低利用期間が4ヶ月、解約違約金が8000円です。

期間・料金ともに他社よりも条件が良いので利用しやすいと思います。もしも気に入らなかったときも、4ヶ月待てば手数料のみで解約することができますので、お試しで使いやすいところもポイントです。

ちなみに、多くの格安simの最低利用期間は1年くらいです。そのへんについても前回の記事で表にまとめましたので、よかったら見てくださいね。

データ通信は使った分だけ

多くの格安simの場合、プランによってデータ通信量があらかじめ決められています。たとえば、2GBのプランを契約した場合、ひと月に2GB使い切ったあとは低速通信に切り替えて使用することになります。それまでのようにサクサク表示することはできなくなり、検索してもなかなかページを開けなくてイライラ…なんていう状態になったりします。(追加料金を払ってデータを購入したり、前月の残っているデータ量を繰り越して使えたりする場合はあります。)

b-mobileの場合はこれとはちがい、その月に使った通信量に応じて料金を支払うしくみです。

具体的には、1GB¥990 3GB¥1290(ソフトバンクは¥1690) といったかんじです。(3GB以上の料金もあります。)

自分で決めた上限よりも使い過ぎなければ、料金・速度ともにお得に使えるところも魅力のひとつです。

料金が明確

これについてはb-mobileのホームページとその他の格安simのホームページを見くらべてもらうしかないのですが…

b-mobileの料金体系はほんとうにシンプルで明確です。何にいくらかかるかがわかりやすい。

それに対してほとんどの格安simは、ホームページを見てもどこに何が書いてあるのかわからない。

たとえば、前回の記事で格安simの8つのプランを比較していますが、これを調べるだけでもひと苦労でした。

特徴としては、キャンペーン時以外の料金を小さく書く、違約金については何度かクリックして別のページにいかないと見られないようにしてある、などですね。なぜそうするかというと、簡単に他社と比較できないようにするため、料金やプランをわかりにくくすることで、乗り換えへの意欲を削ぐためであると推測されます。

ワシもなめられたもんやのう…

そう考えると、やはりb-mobileは料金やプランが明確なぶん安心できるんですよね。

3年運用時の料金が調べたなかで最安レベル

それだけならまだしも、決め手は料金が安いというところです。
わたしは990ジャストフィットSIMに5分かけ放題(500円)をつけて契約するので、その場合の料金は、
1ヶ月の利用量が1GBだった場合は

990+500=1490円
1ヶ月の利用量が3GBだった場合は

1290+500=1790円

となります。
これは、調べたなかでもかなり安い部類に入ります。
具体的に言うと、1年目まではBIGLOBEモバイル・楽天モバイル・nuroモバイルなどのキャンペーン価格のほうが安いのですが、3年間使った場合のコストを考えるとb-mobileのほうが安くなってくるというかんじです。
理由としては、かけ放題の値段が他社より安い、料金が変動しないというところが挙げられます。
かけ放題を利用するときにはアプリを使ってかけなくてはならないというデメリットや、他の格安simのキャッシュバックキャンペーンなどを利用すればb-mobileよりも安い場合はあるといった細かい事情はありますが、コスパのよいsimだということに変わりはないです。

b-mobileのデメリットとまとめ

ただ、Bモバイルが完璧なのかというとそうとも言えません。Bモバイルのデメリットは、
 通信速度が遅いかもしれない…
 業績不振、大丈夫か…
 お得なキャンペーンがない…
このあたりでしょうか。
通信速度については、ツイッターなどの情報によると、一時期よりも改善されているという口コミもありますが、どうなのでしょうか。
追記
半月使いましたが今のところ通信速度にストレスは感じていません。(ゲームはしないのでわかりません。)
あとは、業績が思わしくないこと、他の格安simのようなキャンペーンがないことなどですかね。キャンペーンについては、キャンペーンなし、派手な広告なしというところで費用を抑えているというところもあるのかもしれませんね。
このあたりのデメリットも覚悟したうえで申し込むことにしました。格安simをえらぶときには、希望の条件をはっきりさせた上でメリットデメリットを比較して決めることをおすすめします♪

ではでは、今日はこのあたりでおしまいです。

990ジャストフィットSIMについて詳しくはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました